cloudera managerを動かすためにメモリを増設した

公開日: : 最終更新日:2016/01/23 クラウド, 技術

Cloudera Managerの推奨スペックが

8GBと非常に要求が高かったので、Amazonで以下のものを買った。

昔に比べると安くなったと思うのだけど、無職に1万円の出費はキツイぜ。

関連記事

no image

Sparkを最小労力で動かす その3

結局わかったことは、Cloudera manager難しいってことと、 Spark on Ya

記事を読む

no image

Scalaで文字コードをasciiコード化、さらに2進数に変換

備忘録 val asc:Int = "C".toCharArray()

記事を読む

no image

Virtual Box quickstart vmでSparkを動かす その1

Cloudera ManagerのVirtual Box Sparkを使ってみたのだけど、 以下の

記事を読む

scalanlp/breeze-vizを使ってscalaでグラフ表示

scalaでグラフを書けないかなと探していたら、線形代数ライブラリのscalanlpでグラフが書ける

記事を読む

Github EvolutionalComputation で Rosenbrockを実験してみた

https://github.com/yawaip/EvolutionalComputation

記事を読む

no image

ScalaでSparse Codingの実装を試す

Scala言語でスパースコーディング(Sparse Coding)を実装している人が居たので試してみ

記事を読む

Sparkを最小労力で動かす その1

VirtualBoxでCentosを2つ作ります。 HDDの容量は16GBにしておきます。

記事を読む

no image

cloudera managerでhdfsにファイルアップロードする

cloudera managerでhdfsやsparkをインストールすると困ったのは、ファイル操作が

記事を読む

scalaでベクトルの重み計算

以下のような重みの計算を行う場合、数式通りに配列を用いて実装する場合と、行列計算で行う方法をメモする

記事を読む

Github EvolutionalComputationにwPSOのScala実装を追加

https://github.com/yawaip/EvolutionalComputation

記事を読む

no image
メタニウムMGLとカシータスMGLの飛距離について

メタニウムMGLとカシータスMGLは飛距離については一緒らしいです。

no image
ゾディアス166m-2とクロノス662mbの比較

どうも2ピースロッドが大好きなヤワイです。 同じスペックの竿を2

no image
エリアトラウトで村田基さんの真似を辞めたら釣れるようになった

半年ぶりの更新です。 今年一年は、仕事が忙しくほとんど釣りに行け

上からクロノス、エアエッジ、ブレイゾン、ゾディアス
クロノス 672MHB 使ってみてのレビュー

クロノスロッドはかなりイケてるロッドの気がして、3月に購入してから2回

趣味にエリアフィッシング(ニジマス釣り)をおすすめする7つの理由

休みの日が雨だと何もやることがなくて嫌ですね。昔は雷さえならなければ釣

大好き片倉ダム(笹川湖)~ボート屋紹介~

亀山ダムの釣果情報を出しているページを運営しているものの、なんだかんだ

ピニオンギアのスペースチューニング
アルテグラチューニング

久しぶりの投稿です。 最近、エリアトラウトにどっぷりはまっており

素人がエリアトラウトで人並みに釣ることができるようになるまで

エリアトラウトに始めて2ヶ月が経ちました。完全にハマってます。 技量

王禅寺フィッシュオンへのアクセス1
初エリアトラウトにフィッシュオン王禅寺に行ってきた(公共交通機関でアクセス編)

前回の投稿以降、更新を忘れていたので書きます。 私は車やバイクを

【最安か?】上州屋渋谷の創業祭でジリオン SV TWが10%オフだった

なかなか今年の初バス釣りの予定がたちませんね。 グラフから釣行日

→もっと見る

PAGE TOP ↑