SSS2 バンタムプロジェクトを見た最初の感想

公開日: : 最終更新日:2016/01/23 アイテム, バスプロ, ルアー, 釣り, 雑記

昨夜SSS(スリーエス)というシマノの技術力をアピールする年1回の番組で、
バンタムプロジェクトについての開発ドキュメンタリーが放送されました。

バンタムプロジェクトの思いについては、山木プロのFacebookを御覧ください。
山木プロのFacebookページを見て、共感し、期待しました。だって、私を含めて若い人たちは、「名作ルアーは何ですか?」って聞かれても思いつかないでしょ?

感想一覧

この番組のルアー開発の箇所を見た私の感想と疑問は、

  • 正直わからなかった
  • 別の会社(例えばベンチャーやルアービルダー)の開発とどう違うの?
    • 結局、属人的な開発してるじゃん
    • 大企業で開発したからルアーはよくなったの?
  • テレビで見ただけではコンセプトを満たせたかわからない
    • 目的(熱意)があるのは分かったけど、目標がわからなかった
    • 他のルアー宣伝番組と同じようにしか見えなかった

という感じです。番組の流れを説明したあとに、ダラダラ感想を述べています。

番組の流れ

山木プロがプロジェクトの夢を語る。
「ただ釣れるとか、ただすごいと思われるだけじゃなく、心から楽しめて、長く使ってもらえるようなモノを作りたい」

バンタムプロジェクトについて語る山木プロ

開発中のルアーのテストで連発する

バンタムルアーのヒットシーン

うまく進まないルアーについて、シマノ社員と熱い議論中の山木プロ
社員「内部構造でどっかに妥協点を見つけて」
山木「妥協じゃダメなんです!」
(やることは一緒でも言葉で印象が変わる例。社員は妥協点じゃなくて、最適化するという言葉を使えばよかったんじゃないかなと思う)

シマノ社員と熱い議論中の山木プロ

とうとう自宅に切削加工機を持ち込んで、自分で開発してしまった山木プロ

切削加工機で出力する山木プロ最後に、このプロジェクトについて語って終わる。

感想をダラダラと

以下は勝手な憶測です。内部のことはわからん一般人が思ったことを書いてます。

なんでシマノとやったの?

この番組が始まる前は、「大企業の技術力やマンパワーをうまく使えたので、すばらしいルアーを作ることができた!」という番組かな。と思っていましたが、実際は
大企業の開発とはうまく行かず、自分たち3人が思ったものを作った!」という印象を受けました。それならルアービルダーでもできる事だし、大企業でやる必要あったのかな?と思いました。
それでも、大企業でやりたかったというのは、山木プロの強い思いなのかなと思いました。

大企業でやるメリット

大企業でやるというのは、メリットがあります。
「長く使ってもらえるようなモノ」を売るには、値段品質販売チャネル、サポート、が必要です。
大企業はこれらを持っています。
例えば、
値段:コストを下げるための生産技術
品質:どこで生産しても品質を維持できる品保
販売チャネル:世界中の釣具屋にシマノ製品を届けるチャネルやロジスティクス
サポート:他の製品と共通して使えるサポート体制やフィードバック体制

シマノがやりたかったことは何?

正直、シマノはルアー作りで何をやりたかったのか、よくわかりませんでした。
上記のような自社の、値段、品質、販売チャネル、サポートを使って商売したいのだったら、評判のよいルアーのライセンスを買ってきて生産・販売すればいいと思うのです。
買ってくるが許されなかったとすれば、シマノは詳しい奴に作らせておこう、ついでに宣伝してもらおうと思ったのかもしれません。
というのは今後もルアーをやろうと思うにしてはプロジェクト期間が短すぎるような気がしたからです。

大企業にありがちだけど、〇〇企画というような部署が先走ったせいで、開発の体制が整う前にプロジェクトがスタート、体制が整うことなくプロジェクトが終焉しちゃったんじゃないかなと想像します。
大企業は成功が見えてる所にはお金出すけど、新しいことには予算をつけにくい。そうすると人が割り振られないので、進捗が遅くなったり属人的になったりします。

最後に

今度、バンタムプロジェクトについてのDVDが出るので、それを見て、第二の感想を書きます。

関連記事

青木大介選手のベイトフィネスリールとライン

自分用の備忘録 実力+人気ならバスプロナンバーワンの青木選手。 彼のリールとかラインとか

記事を読む

光る!鳴く!革命的ルアー!LivingSton

2014 Bassmaster Classic チャンピオンのRandy HowellがBa

記事を読む

Basserオールスタークラシックで購入した物2

N.I.Bトレーディング様のブースでRiver2SeaのROVERとTRITONのGoliath B

記事を読む

カーシェアリングのすすめ careco(カレコ)レビュー ただしUIが最悪

都心で車を所有するのは難しい バス釣りってどうしても車が必要ですよね。 無職の私にとっては車

記事を読む

青木大介プロの新刊

【速報】青木大介プロ本の第二弾が発売か!?

中身が濃い上に、表紙が美しい雑誌といえば、Basserですね。 今月号のBasserに青木大介プロ

記事を読む

カーシェアリングのすすめ Times Car Plus (最低限必要な機能が備わってない)

カーシェアリングのすすめ careco編に引き続き Times Car Plusについて半年ほ

記事を読む

釣果情報を2年前から見られるようにしました

本サイトの大目的である、バスグラフを更新しました。 2年前から釣果情報を見られるようにしました。

記事を読む

フィッシングショーでダイワの普及価格帯ロッド クロノスロッドを見てきた

フィッシングショーで見て、一番欲しくなったのは、ジリオン SV TWです。これを2機購入するために、

記事を読む

高滝釣行 サーチルアー(巻物)編

2014.9.22(月)高滝湖に釣りに行きました。 ワークルアー編も書きました。 BOO RIG

記事を読む

BOO RIG について

BOO RIGの目的:様々なルアーをバスに効果的に近づけたい 序論:クランクベイトの動き ク

記事を読む

no image
メタニウムMGLとカシータスMGLの飛距離について

メタニウムMGLとカシータスMGLは飛距離については一緒らしいです。

no image
ゾディアス166m-2とクロノス662mbの比較

どうも2ピースロッドが大好きなヤワイです。 同じスペックの竿を2

no image
エリアトラウトで村田基さんの真似を辞めたら釣れるようになった

半年ぶりの更新です。 今年一年は、仕事が忙しくほとんど釣りに行け

上からクロノス、エアエッジ、ブレイゾン、ゾディアス
クロノス 672MHB 使ってみてのレビュー

クロノスロッドはかなりイケてるロッドの気がして、3月に購入してから2回

趣味にエリアフィッシング(ニジマス釣り)をおすすめする7つの理由

休みの日が雨だと何もやることがなくて嫌ですね。昔は雷さえならなければ釣

大好き片倉ダム(笹川湖)~ボート屋紹介~

亀山ダムの釣果情報を出しているページを運営しているものの、なんだかんだ

ピニオンギアのスペースチューニング
アルテグラチューニング

久しぶりの投稿です。 最近、エリアトラウトにどっぷりはまっており

素人がエリアトラウトで人並みに釣ることができるようになるまで

エリアトラウトに始めて2ヶ月が経ちました。完全にハマってます。 技量

王禅寺フィッシュオンへのアクセス1
初エリアトラウトにフィッシュオン王禅寺に行ってきた(公共交通機関でアクセス編)

前回の投稿以降、更新を忘れていたので書きます。 私は車やバイクを

【最安か?】上州屋渋谷の創業祭でジリオン SV TWが10%オフだった

なかなか今年の初バス釣りの予定がたちませんね。 グラフから釣行日

→もっと見る

PAGE TOP ↑